DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

2年ぶり!DTPコース開講

・・・今日も個人的な日記(めも)
バイト先の職業訓練学校では2年ぶりに「広告・グラフィックコース」が開講されるらしい。
めずらしくWebの内容がない「DTP」のコース。
大手での制作長を経て今はフリー、紙だけでなく、立体もできる
経験豊富なベテランデザイナーの先生がメイン。

とはいえ、現役で仕事している人が、1人で全科目持つことは不可能。
学校的には組む講師をさがさないといけない。
誰かいないかな~ということになり、私が以前、他のコースでインデザインを担当したことから
「今回もインデザインを。ついでに他のも、やってみます?」うれしいだしん。

カリキュラムを見て、改めてWebとDTPの画像系ソフトの使い方が違うな~と感じた。

Webクリエータコースのイラストレーター、フォトショップは各5日しかない。
対してDTPコースは教科書から基礎を学ぶのは各4日だけど、その後のカリキュラムがすごい。

色彩の先生(デパートのショーウインドウをやったりしている、こちらもプロ)が入り、配色の勉強。
メインのデザイナー先生がレイアウトの基本やデザインの基本を教えてくれる時間もあり、
名刺のような小物からはじめて、だんだんと大物を作れるようになる、順を追った作品制作の時間もある。
もちろん、訓練生さんは現役プロデザイナー先生に、自分たちが作ったものを見てもらえる。

素晴らしいではないですか!!

私がデザイン事務所に勤めていた時は、上司(デザイナー)は忙しくて、そんなことしてくれる時間がなかったよ。

現役プロに見てもらえるというのは、めっちゃすごい価値ある。

いいなぁ・・・ 私が習いたい(^^;)
とはいえ、普段の会話でも、デザイナー先生の何気ないことばに「さすが!」という部分があり、それだけでもずいぶん勉強になっているけど。(ありがたい。身近な人の価値を忘れないようにしたい今日この頃)

それは置いておいて
個人的な主観・・・・・・
DTPのほうが、画像データの扱いが厳密。
派遣に登録したときも「DTP上がりの人は画像処理が速いから重宝されますよね」と言われたように、DTPの画像の扱いに慣れていると、Webでの画像の取り扱いはめっちゃ楽。
WebからDTPだと、画像の取り扱いがしんどく感じるかもしれないけど、逆はアリ。

だから、イラストレーターやフォトショップがメインの、デザイン系の仕事をしたい人には、良いコースだと思うんだ~。
時代はDTPよりもWebが主流かもしれないけど、訓練内容はとっても良い。
もっと開講されたらいいのに。

DTPとは
DTP(Desktop publishing、デスクトップパブリッシング)とは、日本語で卓上出版を意味し、書籍、新聞などの編集に際して行う割り付けなどの作業をパーソナルコンピュータ上で行い、プリンターで出力を行うこと。

Wikipediaより引用

三田ハローワークに行く道

先日、バイト先の職業訓練学校の関係て
三田ハローワークに急きょ行くことになりました。

新開地から、神戸電鉄に乗車。
何も考えずに、終点の三田まで乗ります。
三田に着いたら、あとは駅前の大通りをひたすらまっすぐ。
橋を渡って、ファミマの手前で左折。
ハロワの看板があるので、そこをまた曲がると、すぐ。

2017-11-02-sandahw-01.jpg

2017-11-02-sandahw-02.jpg

2017-11-02-sandahw-03.jpg

2017-11-02-sandahw-04.jpg

2017-11-02-sandahw-05.jpg

2017-11-02-sandahw-06.jpg

2017-11-02-sandahw-07.jpg

2017-11-02-sandahw-08.jpg

2017-11-02-sandahw-09.jpg

2017-11-02-sandahw-10.jpg

2017-11-02-sandahw-11.jpg

道中、紅葉が、きれいでした。
2017-11-02-sandahw-12.jpg

2017-11-02-sandahw-13.jpg

おまけ
2017-11-02-sandahw-14.jpg

学校のパソコンセットアップ Windows7の認証

先日はレノボのノートでしたが、今度はデスクトップのセットアップです。
EaseUS Todo Backup(イージアス トゥドゥ バックアップ) をかけた後、最初にWindows7の認証をします。
2016-05-setup-00.jpg

そこからまた再起動や「電源を切らないでください」が始まったりして、けっこう面倒。

Windowsの更新が終わったら、今度はOfficeの認証をしてから
細かいところはデスクトップで右クリック→個人設定→コントロールパネルなどを表示しておくとか。。。

今回 EaseUS Todo Backup(イージアス トゥドゥ バックアップ) かけたが係長とシステム担当の先生とでちょっと違ってました。
↓ここ以外あとは同じ
2016-05-setup-eb-00.jpg


Windowsの更新に約2日かかり、そしてWindows認証と、Officeの認証、認証できてるか実際にソフトを起動して確認したり、なんだかんだと時間がかかるものです。今回は有線LANから無線LANにしたので、その設定にも時間がかかりました。・・・と、いうわけで、セットアップだけで何日もとられてしまうので、パソコンレンタルとかしてくれたら楽なんですけどねー。。。
係長は自分もセットアップするので、時間かかるのわかってくれてるけど、その上のほうのひとは、けっこう気楽に考えているみたいで、日程カツカツで困ったりします(ーー;)他人の仕事って、かる〜く考えている人が多いですね。。。

学校のノートパソコンをセットアップ

「Comodo Time Machine(コモド タイムマシーン)」 を使って、学校の Lenovo ThinkPad(レノボ シンクパット)のセットアップをしました。
・・・これ、23台するのに、まる2日かかったんですよねー・・・忘れないためにポイントをめも。

iPadで気軽にプログラムのお勉強「ピョンキー」を使ってみた

花先生のいる明石校に行ったら
受付の上に
小学生からはじめるわくわくプログラミング
という本があった。
小学生からはじめるわくわくプログラミング
この本、三宮校にも届いてたわぁ。(係長が持って帰った)

花先生「みんなで勉強することになってるらしいわよ」

その日、明石校に来ていた就職指導の先生(70代)にも、
学院長から一斉メールで
子供向けのプログラミングを学院全員で学ぶように
という、お達しが届いていたもよう。

花先生がメールの宛先リストを見たら
「こはる先生、抜けてるわ!」
祝・忘られ!!

この時ほど、
自分の存在感の薄さが嬉しかったことは、ない。


就職指導の先生「こはる先生が忘れられていて
怒ってましたとメールしておくわ」
それはご勘弁を!!

「三宮校は8人」とか、頭数の中には入っていたいのですが、
学院長には「こはる」という存在を
忘れられているくらいが良いのです!!
本気で。

独裁者の会社で長生きするには、
存在感がないくらいが、ちょうど良いのを
今まで何度も目撃してきたので(^^;)

独裁者の前では、良きにつけ、悪しきにつけ
目立ってはいけないんです。
気に入られても、次の「お気に入り」の登場で
独裁者に飽きられるか
何かあったら、手のひらを返されて、捨てられますから。
あの人、今、どうしてるんだろうなー・・・・(遠い目)

・・・おっと、話がそれました。
そんなわけで、なんとなく iPad で
明石校に届いていた本のことをしてみました。

本に載っている、子ども向けのプログラミング言語は
Scratch(スクラッチ)」と言うらしい。
↓Scratch(スクラッチ)のホームページはコチラ
https://scratch.mit.edu/

それを iPad で使えるようにしたのが Pyonkee(ピョンキー)と
いうアプリらしい。

Pyonkee(ピョンキー)を入れてみる
2015-08-31-piyonky01.jpg

だいたい、本の通りにできるもよう。
10歩動かすは10ピクセル動かす、なんですね~。
2015-08-31-piyonky04.gif

保存もできるんですね~。
2015-08-31-piyonky03.gif

2015-08-31-piyonky05.gif
この本、スゴイのが2つ目の「やってみよう」で
すでに「変数」が出てくるんですよ。

子どもの集中力と柔軟な発想をもってしたら、
大人も顔負けなのが、できるのではないでしょうか!!
子どもに楽しく大人が教えることで
きっと、すごい可能性を引き出せると思います。
先生方、がんばってください←自分は外れる気満々(^^;)

いや~、この学校で習ったおかげで、
プログラムの奥深さを知りましたので
素人がちょっとやったくらいで、仕事にはならないんだよっていう
厳しさを痛感しましたです(^^;)

意外にも、私がやってるのを見て、就職指導の先生が
「楽しそうやん」「自分で作ったのが動いたらスゴイな」とか
「これをこうしてみたら、どうなる?」などと、興味を示していました。

私も、自分がプログラミングの考え方を学ばせてもらうには
スクラッチやピョンキーは良いんでないかい?と思ったりはしました。
でも、やるかな??(^^;)