DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

外国式のお歳暮?

今日、学校にいると
母から「○○株さんよりしよくひんが届きましたよ」とメール。
驚き!!
○○株といえば、あのインド人の社長さんの会社ではありませんか。
「えっ、お歳暮かな?」
「そうかも?ですね」
「何の食品?」
「明けても、良いのですか?」←開けるの変換ミスが母っぽくて和む。
・・・と、言うことで開けていいよ。
「めりいくりすます。アンドハピ、ニューいあ。とのし紙に書いてあります」
ほほほ~。

↓こんな感じ 和洋コラボです!!


外国にはお歳暮の習慣ってあるんだろうか?
ないよね??
もともとこのインド人社長さんは気前良いし
クリスマスプレゼントの習慣はありそう。
(母が残していた包装紙を見たら
 リボンが掛ったかわいいクリスマス包装で
 届いたようです)
この場合、お返しをするのかしら?
いやー、どうなんだろ???
とりあえず届いた連絡をせねば・・・
電話は無理なので、メールで(^^;)
英語ができないので、例文をコピペして

タイトルは「Thank you very much.」

Dear Mr. ○○
(○○様)

Thank you for the wonderful gift.
(素晴らしい贈り物をありがとうございます。)

I hope your company's further success.Thank you for your continuous support.
(貴社のますますのご発展を願うとともに、今後ともよろしくお願い申し上げます。)

とだけ書いて送信してみました。
・・・・これでよかったのだろうか・・・
ドキドキ。

追記 -----------------------------------

You are very welcome!

と返事が届きました。
「どういたしまして」(ていねい版)という意味らしい。