DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

iPadで気軽にプログラムのお勉強「ピョンキー」を使ってみた

花先生のいる明石校に行ったら
受付の上に
小学生からはじめるわくわくプログラミング
という本があった。
小学生からはじめるわくわくプログラミング
この本、三宮校にも届いてたわぁ。(係長が持って帰った)

花先生「みんなで勉強することになってるらしいわよ」

その日、明石校に来ていた就職指導の先生(70代)にも、
学院長から一斉メールで
子供向けのプログラミングを学院全員で学ぶように
という、お達しが届いていたもよう。

花先生がメールの宛先リストを見たら
「こはる先生、抜けてるわ!」
祝・忘られ!!

この時ほど、
自分の存在感の薄さが嬉しかったことは、ない。


就職指導の先生「こはる先生が忘れられていて
怒ってましたとメールしておくわ」
それはご勘弁を!!

「三宮校は8人」とか、頭数の中には入っていたいのですが、
学院長には「こはる」という存在を
忘れられているくらいが良いのです!!
本気で。

独裁者の会社で長生きするには、
存在感がないくらいが、ちょうど良いのを
今まで何度も目撃してきたので(^^;)

独裁者の前では、良きにつけ、悪しきにつけ
目立ってはいけないんです。
気に入られても、次の「お気に入り」の登場で
独裁者に飽きられるか
何かあったら、手のひらを返されて、捨てられますから。
あの人、今、どうしてるんだろうなー・・・・(遠い目)

・・・おっと、話がそれました。
そんなわけで、なんとなく iPad で
明石校に届いていた本のことをしてみました。

本に載っている、子ども向けのプログラミング言語は
Scratch(スクラッチ)」と言うらしい。
↓Scratch(スクラッチ)のホームページはコチラ
https://scratch.mit.edu/

それを iPad で使えるようにしたのが Pyonkee(ピョンキー)と
いうアプリらしい。

Pyonkee(ピョンキー)を入れてみる
2015-08-31-piyonky01.jpg

だいたい、本の通りにできるもよう。
10歩動かすは10ピクセル動かす、なんですね~。
2015-08-31-piyonky04.gif

保存もできるんですね~。
2015-08-31-piyonky03.gif

2015-08-31-piyonky05.gif
この本、スゴイのが2つ目の「やってみよう」で
すでに「変数」が出てくるんですよ。

子どもの集中力と柔軟な発想をもってしたら、
大人も顔負けなのが、できるのではないでしょうか!!
子どもに楽しく大人が教えることで
きっと、すごい可能性を引き出せると思います。
先生方、がんばってください←自分は外れる気満々(^^;)

いや~、この学校で習ったおかげで、
プログラムの奥深さを知りましたので
素人がちょっとやったくらいで、仕事にはならないんだよっていう
厳しさを痛感しましたです(^^;)

意外にも、私がやってるのを見て、就職指導の先生が
「楽しそうやん」「自分で作ったのが動いたらスゴイな」とか
「これをこうしてみたら、どうなる?」などと、興味を示していました。

私も、自分がプログラミングの考え方を学ばせてもらうには
スクラッチやピョンキーは良いんでないかい?と思ったりはしました。
でも、やるかな??(^^;)
関連記事

コメント

お試しいただきありがとうございます。

わくわくプログラミングをお読みいただきありがとうございます。
保存の時に、フロッピーアイコンを使っていないのは、他のファイルメニュー、すなわち「開く」や「新規」、「名前をつけて保存」なども知ってほしいことがあります。最初にショートカットを覚えてしまうと、なかなか他の機能に気づきにくいかなと考えました。また、現場では気軽にフロッピーを押すことで誤って上書き保存してしまうケースもありました。なにより、今の子はそもそもフロッピーを知らないということもあります。
「つくってみよう」は、32ページあるようにどこから始めてもよい構成にしています。その際、ご指摘のように変数や繰り返し、条件分岐、配列などを容赦なく使っています。これらは従来の教本では段階的に学ぶべきとされていることですが、経験上、これらが子供にとって難しいとすること自体が大人の思い込みと考えています(難しいのは専門用語や言語の文法であって概念ではない)。面白ければ子供は放っておいてもやるものです。その意味で、就職指導の先生の反応はとてもうれしいです。
ピョンキーの文字入力について、かな漢字変換を使うときは右の鉛筆のアイコンで開くキーボードをお使いください。左のキーボードのアイコンはキーボードイベント用(「スペースキーが押されたとき」など)です。簡単ですが、ヘルプにも書いてあります。もし、Twitterをお使いでしたら、@PyonkeeTeam でサポートを行っています。
よろしくお願いいたします。

2015年09月02日 18:20 from 阿部和広URL Edit

阿部 和広 様

阿部 和広 様

コメントありがとうございます。
筆者のかたからコメントいただけるとは思ってもいませんでした。

***ありがとうございます***

> 保存の時に、フロッピーアイコンを使っていないのは、
> 他のファイルメニュー、すなわち「開く」や「新規」、
> 「名前をつけて保存」なども知ってほしいことがあります。

なるほどー、そういう深い意図があってのことだったのですね。
考えが浅くてすみません。

> 最初にショートカットを覚えてしまうと、
> なかなか他の機能に気づきにくいかなと考えました。

そう言われてみると、自分が仕事をしはじめた時も
メニューを見ていて、発見した機能がありました。
そんな初々しい気持ちを忘れていましたね。。。

> また、現場では気軽にフロッピーを押すことで
> 誤って上書き保存してしまうケースもありました。

それはあるかも(^^;)

> なにより、今の子はそもそもフロッピーを知らないということもあります。

そういえば、19歳の人に「フロッピーって何ですか?」
と聞かれたことがあるので、小学生くらいならなおさらですね。
筆者の深い意図をくめずにすみません。

> これらが子供にとって難しいとすること自体が大人の思い込みと考えています
> (難しいのは専門用語や言語の文法であって概念ではない)。

そうなんですね、私が学校でプログラムを習った時は
とても難しくて、自分には理解不能&不可能だと感じましたが
概念はそうでもないのでしょうか???

いや、先生はちゃんと教えてくれたのですが
自分の能力がなさすぎて、意味不明になっていたのですけど。。。

> 面白ければ子供は放っておいてもやるものです。
> その意味で、就職指導の先生の反応はとてもうれしいです。

なにも先入観がないほうが、良いのかもしれません。
就職指導の先生は、プログラムに何の先入観もないので
私がiPadでさわっているのを見て「楽しそう」から始まって
興味を持っていろいろと話をしてきたので
私のように「プログラム=難しい」のではなくて
「自分で動かせる=楽しい」と感じている印象でした。

> ピョンキーの文字入力について、
> かな漢字変換を使うときは右の鉛筆のアイコンで
> 開くキーボードをお使いください。
> 左のキーボードのアイコンはキーボードイベント用
> (「スペースキーが押されたとき」など)です。

教えて下さって、ありがとうございます!


*** お忙しいところ
ていねいなコメントいただきまして&教えていただきまして
    ありがとうございましたm(_ _)m ***

2015年09月02日 22:28 from こはるURL

非公開コメント

※宣伝目的のようなコメントが時々あることから、コメントを承認方式に変更しました。
アダルトサイト・販売目的のサイトに誘導するもの、宣伝目的のもの、
わいせつもしくは公序良俗に反するもの、
また誤解を招くようなコメントは、削除させていただきます。

トラックバック

https://memo352.blog.fc2.com/tb.php/741-d7e8856e